結婚相談所で働く私の日記を書いていきます。婚活・お見合い相談を受ける仕事をしながら日々の生活を送っています。


by ddcenceth

織田信長 VS 徳川家康

織田と徳川の連合軍が武田氏を滅ぼして後、甲府から尾張に帰る途中の静岡の川で面白い事案が発生した。
そもそも武田氏は徳川単独では歯が立たず、織田に滅ぼしてもらったというところが正直なところ。そこで信長は、武田の旧領の駿河を家康に与えている。土地をあげるというのは、ご恩と奉公のように、家来扱いである。同盟ではなく、恭順の状態。

当然のことながら、家康は面白くない。
そして徳川は甘くないことを見せねば、自分が信長に食われてしまうことを承知していた。
そこで信長にひと泡吹かせてやろうと画策。

家康の領地の遠江の国には、大井川と天竜川という大きな川があった。
そこで家康は周辺の領民を動員し、領民同士に肩を組ませて川の中にたたせて、川の流れを弱めた。そしてそのスグ下流を織田軍に渡らせたのであった。
信長は川を渡る閒ズット、領民に感謝の言葉をかけながら川を渡ったという。
その後、尾張に戻る頃にはスッカリ信長は不機嫌になったと言われる。
徳川にしては、領民にこれだけしたわれており、こんなにたくさん動員できるんだぞ!オレってつえーだろ!ということを、刀を使わずに信長に示すことができた。

信長の胸中はいかに?

そしてその後、信長は返礼として、家康を招待した。
そしてその招待の席を、明智光秀に一任した。
信長にすれば、家中NO.1の明智くんに、もっとスゴイものを見せつけてやれ!ぐらいだったハズ。しかし金柑頭の明智くんは、フツーの豪華な接待をしてしまう。
信長の真意を汲み取れなかった明智くん

そして家康にやられてしまった信長の姿がそこに垣間見えてしまう。

以上、教科書では教えてくれない歴史浪曼でした まる。
[PR]
by ddcenceth | 2011-05-23 19:08